『スバル』のフォトギャラリー

新着情報

カテゴリ

月別一覧

過去の記事

ご注文

ご注文は、専用フォームページからお気軽にどうぞ。

台所用品お茶パック

普段飲んでいるお茶で、味の違いを実感して下さい。様々な用途に応じたパックを取り揃えています。

サニタリー用品シートペーパー

洋式トイレ用便座シートを取り揃えています。お肌と便座との直接接触を防ぎ、冷たい不快感を与えません。

エクステリア用品コケ取り革命

キトサン&銀イオン配合で殺菌効果が長持ちするコケ取りスプレーです。塩素は使っていませんので、安心してお使いいただけます。

お客様の声

これまでに弊社に寄せられた、お客様からのお声をご紹介します。

「スバル」のフォトギャラリー

わたしたち『スバル株式会社』の素顔をスナップフォトでご紹介します。

働く仲間の笑顔が好きです。

新たな生きがいを感じる、笑顔あふれる職場。
わたしたち『スバル株式会社』の素顔をスナップフォトでご紹介します。

旅行

2016年11月25日 (金)

あぜのきらめき千枚田!!能登~輪島周遊の旅~



あぜのきらめき千枚田!!能登~輪島周遊の旅~



2016年(H28)11月3日~5日までスバルは、石川県金沢、白米千枚田~能登・輪島周遊の慰安旅行へ出発しましたhappy01sign01cloud

川之江駅(午前6:34発)しおかぜ4号train→岡山駅(午前8:16発)のぞみ4号bullettrain→新大阪駅(午前9:01着)
新大阪駅(午前9:17発)サンダーパード11号bullettrain乗車し、金沢駅へhappy01

Img_2717

Img_2718

Img_2719

金沢行きのサンダーバードbullettrain サンダーパードの車内

グリーン車にて満喫しましたscissorsnotes
小雨が降ったり止んだり、虹が見えましたsunrain車窓よりclub

✿ 社長の俳句 ① ✿


古戦場偲ぶ加賀路も薄紅葉



※サンダーパードの車内にて、倶利伽羅峠にさしかかり、詠んだ句です。
※古戦場・・・木曽義仲の古戦場(富山と金沢の間)




✿ 社長の俳句 ② ✿

病葉のしだれ桜や春遠し

※サンダーパードの車内にて、加賀温泉駅付近で詠んだ句です。
※病葉(わくらば)



 

Img_2721Img_2720

Img_2726

Img_2724Img_2725

午後12:30 
「加賀料理秋月」到着bus
和御膳を頂きましたrestaurant 鰆(さわら)の焼き物や、甘エビなどのお造りが美味しかったですhappy01




 

Img_2727

Img_2732

Img_2728

午後1:30 「兼六園」到着bus

「弁当わすれても傘忘れるな」
金沢ならではの格言。急な雨rain
持っていた傘に救われましたhappy01
唐崎松(からさきまつ)

雪の重みによる枝折れを防ぐため、冬にほどこされる雪吊りは兼六園ならではの風物詩。
徽軫灯籠(ことじとうろう)

霞ヶ池の北岸に配された兼六園を代表する景観です。徽軫灯籠は足が二股になっていて、琴の糸を支える琴柱(ことじ)に似ているのでその名が付いたと言われています。


水戸偕楽園(かいらくえん)、岡山後楽園(こうらくえん)とならぶ日本三名園の一つ、兼六園。兼六園は江戸時代の代表的な大名庭園として、加賀歴代藩主により、長い歳月をかけて形づくられてきました。
金沢市の中心部に位置し、四季折々の美しさを楽しめる庭園



✿ 社長の俳句 ③ ✿

千代女にも分けてやりたや秋の曲水



Img_2738

※この噴水は霞ヶ池の裏手の傾斜地に位置しており、霞ヶ池から石管で水を落とし、高低差による自然の水圧で水が噴き出るように作られています。ちなみに噴水の高さは約3.5mで、霞ヶ池の水位によって変わります。

※千代女・・・江戸時代、加賀千代女と言われ、「朝顔やつるべ取られてもらひ水」を詠んだ句がある。
※曲水・・・園内を流れる曲水の豊かな水は、城の「防火用水」として作った辰巳用水を利用している。






午後5時半、「能登九十九湾百楽荘」に到着、宿泊しましたnote

Img_2745

Img_2748

Img_2750Img_2751

午後6時半、能登懐石を頂きましたsign01(林檎狩り、金時草、能登地鶏砂肝等) 旬彩膳(里芋おかき揚げ、栗田楽味噌等)上品な味わいですnote 能登牛陶板焼き・能登野菜添えが美味でしたnotes



11月4日、午前9時、遊覧船に乗り、九十九湾遊覧をし、箱庭のような海岸線美を楽しみましたsunnote

Img_2757

Img_2770

Img_2778

Img_2785

Img_2789

九十九湾の沖合水深320mからくみ上げられた能登海洋深層水の洞窟風呂spa
美肌・保湿作用に優れ、心身ともに解きほぐされましたupshine


百楽荘の前にてcamera
九十九湾遊覧
複雑に連なる入江が深く静かに水をたたえ、刻一刻と変化する美しい表情が、見る者の心をつかんで離さない、日本百景・九十九湾。




✿ 社長の俳句 ④ ✿

霧立ちて九十九の島の濡れ紅葉



 

Img_2788

Img_2799

Img_2807

Img_2806

Img_2811 

途中立ち寄る湾内に設置された周囲約100mにも及ぶ生簀場は、正に「ミニ水族館」。マダイ、イシダイ、アジやタコなどの餌付けショーあり 赤い実→ナナカマド

ナナカマドの名前の由来は、7回かまどに入れても燃えつきることがないほど硬くて丈夫な木であることからきています。

見附島・えんむすびーちにてcamera


✿ 社長の俳句 ⑤ ✿


渡し船急ぐ小路や木の実踏む






✿ 社長の俳句 ⑦ ✿


朝日さす能登の島々紅に



Img_2817

Img_2813

Img_2821

Img_2822

Img_2827

見附島とは・・・弘法大師が佐渡から能登へ渡った際、最初に見つけたことが名前の由来 12:00 「レストラン浜中」にて昼食restaurant能登牛ローストビーフ丼を頂きましたhappy01お箸プレゼント付present 午後1:30 「輪島・白米千枚田」にてcamera




 

Img_2837 Img_2840

Img_2841

Img_2845

Img_2856 

午後2:00  「輪島キリコ会館」
能登の祭りは、キリコと呼ばれる大きな奉燈(御神燈)を氏子たちがかつぎ出します。最大で4階建てビルほどの巨大なキリコは、夕闇をほんのり明るく照らすキリコ燈籠の行き交う様子は実に幻想的flairshine
午後2:50 「輪島塗会館」

輪島塗の製造過程は、実に124とも言われる手数を133個の椀工程を展示しており、手間暇を惜しまない職人気質に、驚きですsign01
午後5:40 「輪島・白米千枚田」

白米千枚田は世界農業遺産「能登の里山里海」の代表的な棚田。
千枚田は「日本の原風景」と呼ばれ、2011年6月、日本で初めて世界農業遺産に認定されました。



✿ 社長の俳句 ⑥ ✿




上弦の月もきらめく千枚田



※棚田のあぜに21,000個のソーラーLEDを設置し、毎晩イルミネーションが楽しめる光のイベントです。
日没後、辺りが暗くなるにつれ点灯してゆく様子はとても幻想的でしたlovely



午後5時、「輪島温泉・八汐」に到着、宿泊しましたnote

Img_2858

Img_2861

Img_2866

Img_2869

Img_2870

Img_2871

午後6:30 和牛一口ステーキやお刺身、輪島の郷土料理「いしるの貝焼」等、海の幸と和牛一口ステーキの取り合わせがうれしい会席料理を堪能heart01
窓から望む日本海を見ながら過ごす旅館は最高でしたupspa
5日、午前8:20「輪島朝市」
輪島塗りと並ぶ輪島の名物。鮮魚や野菜の他、乾物、民芸品などのお土産を買いましたpresent



✿ 社長の俳句 ⑨ ✿



舞い降りて冬の朝市能登烏





 

Img_2878

Img_2882

Img_2880

Img_2886

Img_2887_2

午前10:00 「ヤセの断崖」

松本清張の名作「ゼロの焦点」の舞台となった断崖絶壁です。


その昔、周辺の土地がやせていたことや、断崖に立つと身が「やせる」思いがすることから、「ヤセ」の名がついたと言われています。
午前11:00 「巌門(がんもん)」

海に突き出た岩盤にある、浸食によってぽっかりとあいた洞門は、幅6メートル、高さ15メートル、奥行き60メートルもあります。


✿ 社長の俳句 ⑧ ✿


紅葉晴れ能登の荒海波高し



Img_2892

Img_2897

Img_2899

崖から覗くと、火曜サスペンス劇場さながらの恐怖感が味わえましたcoldsweats02
12:30
 「千里浜なぎさドライブウェイ」
車で砂浜を走れる日本でここだけのドライブウェイ(全長約8km)
能登半島国定公園の雄大な波打ち際をゆったりと走るのは爽快sun

カモメの親子に癒されましたheart04up





Img_2911Img_2901

Img_2902

Img_2905

Img_2909

午後1:00
「ひがし茶屋街」
きんつばで有名な「中田屋」でお買いものhappy01古都・金沢でお茶菓子として愛されていますnote

「金箔の箔一」
「金箔打紙製法」で、使うとその品質の違いがわかる箔一のあぶらとり紙や、金箔ソフトを買いましたheart04
午後15:00
「金沢駅・鼓門」
世界で最も美しい駅14選にも選ばれています。美しい駅でしたscissors


特急サンダーバードに乗車し、金沢駅(午後4:00発)→新幹線のぞみ47号乗車、京都駅(午後6:27発)→
しおかぜ25号乗車、岡山駅(午後7:35発)→川之江駅を午後8:58着で帰路につきましたhappy01


「能登は優しい土までも」「弁当忘れても傘忘れるな」 という、バスガイドさんの言った

通り、能登、輪島、金沢の優しい人と風土を身に染みて感じた癒しの旅になりましたscissorshappy01

flair余談・・・K.Mさんの、「特急サンダーバード、金沢ミステリー事件」
(11月3日、シャ〇ルの命の次に大事な化粧ポーチがいつのまにか、紛失。スリにあったとか、どこで紛失したか、名探偵張りの推理が飛び交う中・・・その後、金沢駅・特急サンダーバード車内で4日、見つかるというアクシデント)には、旅のミステリー)として、大いに心配しましたが
ハッピーエンドに終わり良かったですねheart04
見つかったら、「モンブラン」を社員に御馳走という公約も果たして頂きましたsign03ラッキーscissors




~社長の俳句9選ランキング発表~

社員に3票ずつ、好きな俳句を投票してもらいましたhappy01

201611



crown第1位・・・上弦の月もきらめく千枚田・・・8票
  第2位・・・霧立ちて九十九の島の濡れ紅葉・・・7票
  第2位・・・舞い降りて冬の朝市能登烏・・・7票
  第3位・・・紅葉晴れ能登の荒海波高し・・・5票





あぜのきらめき千枚田!!とてもすばらしかったですねsign03

|

2016年9月28日 (水)

久万高原ぶどう狩りと「梅の花」で新入社員歓迎会

平成28年(2016年)9月10日午前8:00、会社をバスで出発bus
見事な秋晴れsunsunのもと、久万高原ぶどう狩りと新入社員歓迎会を兼ねての「梅の花」食事会に向かいますhappy01
三島川之江IC→松山ICを降り
久万高原町「竹森ガーデン」に10時頃、到着upnote


 201609102





20160910

 201609102_3
 



 
20160910
 

201609103 

標高650m。涼しい風の吹きぬける久万高原の
りんごとぶどうの果樹園「竹森ガーデン」で、ぶどう狩りのスタートですsign01
『紅伊豆』・・・9月上旬~中旬収穫できますhappy01



 

201609105 

201609104_2
 

 

20160910_4       『紅伊豆』

20160910_5




『キングデラ』 

 201609106 
201609107

『紅伊豆』・・・したたり落ちるほどの果汁。皮と実がはがれやすく、甘みと酸味のバランス抜群!農園に行って、食べたい人気品種!

『キングデラ』・・・子供から大人までみなさんに人気の、種無しの食べやすい品種です。お天気がよかったことで甘い仕上がり!

ほっぺたが落ちる程の「紅伊豆」sign01その甘味に超感動happy01sign03
たくさんのぶどうを食べ、購入したお土産も大量でしたuplovely


 

Img_2604 
Img_2624 



Img_2605

12時、「道の駅 天空の郷さんさん」に到着happy01
予約しておいた『黄金の柱』 (ほんのりミルク味のバターを織り込んだ生地を三つ編みにし、こんがり棒状に焼き上げたパン)、
  『塩パン』 (卵を使わないソフトフランス生地で、こだわりの岩塩が味のアクセント)を購入notes

社長より、初物の『栗』mapleを全社員にプレゼントして頂きましたuphappy01旬の味覚を有難うございますpresent


 

Img_2606

201609103

 

201609104

13時10分、湯葉と豆腐の店「梅の花 松山店」到着bus

3人の新入社員の歓迎会のスタートですhappy01
「ようこそ、スバル株式会社へ~」bottlewine乾杯~bell





201609102

201609105

Img_2613

201609107

201609108 
201609109 

✿ 梅の花 お品書き ✿

嶺岡豆腐・湯葉煮・お浸し・茶わん蒸し・お造り・名物とうふまんじゅう
蓮根まんじゅう・湯豆腐・生麩田楽・湯葉揚げ・湯葉グラタン
湯葉吸物・季節の飯物・香物
デザート


 

2016091010 
2016091011 

20160910

201609102

湯葉・・・数種類の大豆の中から一番適した大豆を選定し、搾り出した豆乳を温めます。大豆の旨みが凝縮して表面に張った「まく」が湯葉です。
お料理は、どれも美味しかったですが、レモンを添えた湯葉揚げが一番人気でしたupuphappy01
美味しい料理に舌鼓をうったあと、社長がお店で出されたお箸をたいそう気に入り、全社員にお土産を頂きましたhappy01社長、お気遣いありがとうございますnote
「梅の花」では、お箸は割り箸ではなくて、この竹のお箸で食べます。
このお箸は先が細くて軽いので、お豆腐のような柔らかいものを食べるのにとても使いやすかったですhappy01heart04

和紙風の敷紙に秋を感じる句が書かれてありましたmaple

我がやどの
葛葉日に異に色づきぬ
来まさぬ君は何心そも

我家の庭の
葛の葉は日増しに色づきました
いらっしゃらないあなたはどんな気持ちでしょう

弓削皇子(ゆげのみこ)が万葉集の中で歌ったものです。
人妻を好きになってしまい、その苦しみや、切なさを歌った作品が多いようです。

17:00、会社到着bus
以上、スバル株式会社・新入社員の歓迎会を兼ねた日帰り旅行は、グルメ&グルメで大満足の旅となりましたuphappy01









|

2015年10月20日 (火)

北海道 洞爺湖~函館(立待岬・朝市・修道院)グルメ&癒しの旅


2015年10月2日~4日までスバルは北海道 洞爺湖~函館(立待岬・朝市・トラピスチヌ修道院)
グルメ&癒しの慰安旅行へ出発しましたhappy01

10月2日(金)cloud数日前から北海道の悪天候が予想される中、旅行業者より高松→羽田、羽田→千歳空港の離発着が可能とのことで、四国中央市を午前7時30分にジャンボタクシーで出発bus

Img_1863

Img_1864  

Img_1865_2

Img_1868

10月2日午前6時 北海道では暴風・高波に厳重警戒が出ていましたtyphooncoldsweats01 大丈夫かな・・・ 高松空港JAL476便、午前9時45分発airplane →→→  羽田空港11時着happy01 羽田airplane→千歳空港JAL513便、飛行機の中で「日本橋・大福の懐石折詰」を食べましたriceball

 

Img_1870

Img_1876

Img_1880

千歳空港13時半着airplane

心配していた天候も大丈夫でしたよhappy01
スバルパワー恐るべしhappy01punch
パスbusに乗って15時半。
昭和新山fuji
1945年9月までに海抜407mの昭和新山が誕生した。昭和新山は成長の過程で地中の粘土が熱で焼きつき、赤褐色の天然レンガに覆われている。
風が強いため、「有珠山ロープウエイ」は中止となって残念crying

「熊牧場」があるという売店の前にてcamerahappy01


 

Img_1883

Img_1884

Img_1886

Img_1895

Img_1892

上 →  友禅菊
花言葉✿
恋の思い出・さようなら私の恋よ・
老いても元気で

※花の名は、友禅染のように鮮やかな花色で、優美に咲くことから名づけられています。

下 → ネバリノギク  
花言葉✿
私に触らないで

キク科シオン属の多年草です。
北アメリカ原産の帰化植物です。和名は、茎、総苞などに腺毛があって、触ると粘ることに由来するという。
16時、「ザ・ウインザーホテル洞爺」に到着happy01



リゾートホテルならではの設備と洞爺の見事な環境を活かした、喜びと感動溢れるリゾートステイ。
洞爺の素晴らしい大自然と穏やかなときの流れ、日常から離れた癒しのひと時を今から味わいますhappy02heart04

とても、ゴージャスで感動sign03shineshine
      ✿社長の俳句✿

  旅立ちに

    嵐も去りて

       草もみじ


※バスの中で社長が即興で詠んだ句。草紅葉・・・
 晩秋. 草の錦/草の色/色づく草/草の紅葉. 晩秋に山野の草々が色づいて紅葉のように見えること。


 

Img_1899

Img_1900

Img_1901

Img_1903

ホテル・ロビーにて
ゴージャスですねnoteshine
18:00~
2F「ギリガンズアイランド」にてディナー
社長がシャンパンのテイスティングnote

  シャンパンを片手に乾杯wineshine


 

Img_1938

Img_1941

Img_1910
 Img_1911
 Img_1912
Img_1913_2

Img_1915

Img_1916Img_1917

 

 Img_1919



東に洞爺湖と西に内浦湾を見下ろす、標高625メートルのポロモイ山の頂上の館。その形はまるで豪華客船のよう。かつてサミット会場として、世界のVIPを迎えた記憶が、館内のあらゆる場所に残されている。豊かな大自然に抱かれているような錯覚さえ起す開放感は、日頃、疲れた心や体を癒されましたhappy01up

2F 温泉の「山泉」・・・大浴場で社員同士、裸の付き合いができましたspahappy01


 Dinner TOYA メニュー ~


 Dinner_toya


※オマール海老美味しかったですlovely
ソフトドリンクも爽やかなテイストでしたhappy01

左上から3番目→
     「ポムソヴァージュ」
     (野生のりんご)

※ストローを2本さす意味・・・昔、バーテンダーが細いストローをさしたところ、詰まって吸えないので、太いストローをもう一本さすようにしたことが始まりとのこと。

右上から2番目→レイクジンジャー
           (ブルージンジャー)

食事は、3時間要しましたがcoldsweats01日頃、数分で食べるところ、美味しいものを頂き、ゆったりとした素敵な時間が過ごせましたrestaurant

Img_1947

Img_1945

Img_1948 

 

Img_1949 

Img_1951

10月3日午前7時~
レストランでバイキング式の美味しい朝食を頂きましたsign03
午前9時半、「ザ・ウインザーホテル洞爺」ホテルロビーにて、ハイチーズcamera       
       次の目的地へGObus

 

Img_1956

Img_1955

Img_1963

午前10時発、「洞爺湖温泉遊覧船 多目的アミューズメントシップ「エスポアール」に乗船ship     甲板でハイチーズcamera
日本人はスバル社員だけで、後は中国の観光客ばかりsign02


 

Img_1965Img_1969

Img_1971

Img_1983

4月~10月までの半年間に渡って、毎日450発の花火が打ち上げられますbombshine 中之島の上陸はありませんでしたpaper中島には、エゾシカがいるそうです
    美しい駒ヶ岳が見えますfuji


 

Img_1961

Img_1959 

Img_1972

Img_1996
冬でも凍らない湖にはカモの仲間などさまざまな水鳥たちがやってきます。火山の生んだ湖に育まれるいのちの世界を描きます。

洞爺湖からは、「ザ・ウインザーホテル洞爺」が、見えましたnote
 「洞爺湖汽船」の紹介ありますflair
北海道の南西部にある洞爺湖は、周囲40kmほどの日本で3番目に大きいカルデラ湖です。いまからおよそ10万年前、大量の火砕流が噴出し、あとにできたくぼ地に水がたまって生まれました。周囲には有珠山や昭和新山など現在も活動する火山があります。
12時半「大沼国定公園」に到着notes

Img_1988   バスで移動中、小沼も観覧 happy01            



Img_1989

Img_1993

Img_1997_2

昼食に「鮭のちゃんちゃん焼き」を食べましたnote
美味しかった~scissors
二人分でなんと、この量ですsign03
この他に「いかめし」「ホタテ焼き」がついていて、おなかいっぱいdelicious

  「大沼国定公園」で記念写真camera



Img_1999

Img_2000

Img_2002 Img_2003 

Img_2004

Img_2005 Img_2008 

Img_2009

    
     大沼・小沼・蓴菜沼
北海道の路面電車・
「函館ベイエリア」
「旧函館郵便局舎」
「金森赤れんが倉庫」でお買いものhappy01 お土産をたくさん買いました~heart04アクセサリーを買った人もring


 

Img_2011 Img_2012

Img_2018

Img_2022

 
Img_2020

15時30分、旧函館郵便局舎の前にて 16時半、湯の川温泉・「花びしホテル」に到着note 夕食は、海鮮寄せ鍋・雪丹芋饅頭など海鮮料理に舌鼓happy01up



Img_2023

 Img_2025Img_2027Img_2032 

Img_2042 Img_2039

大浴場の「ひしの湯、はなの湯」に社員同士、裸の付き合いで仲良く入浴spa素敵なお風呂を満喫happy01 4日午前7時~「花びしホテルの朝食バイキング」で、気まぐれ丼や函館ラーメン、函館牛乳、和洋中とバラエティ豊かな朝食メニューを堪能heart04 午前8時40分、立待岬へ向かう途中・・・
石川啄木の像がありましたsign01

Img_2045


Img_2047

Img_2049 

Img_2051

Img_2052 Img_2057

      ✿社長の俳句✿

  烏賊日和

      津軽の海も

           波静か


烏賊・・・いか
ハマナス・・・ハマナスは、5月下旬~6月初めに暖かい日が続いた影響で例年よりやや早く開花し、7、8月に見頃を迎える。

     ✿社長の俳句✿

   烏賊釣りや

      立待岬の

      天高し


※ 天高し・・・秋の季語。

★ 旅行中、最も快晴で、立待岬が絶景で感動しましたshineup
      ✿社長の俳句✿

  ここも又

      鮭待つ川の

           瀬音かな


「立待岬」・・・市街地から見て函館山の左端に位置する立待岬は、海に突き出る形で海抜約30mの断崖がそそり立ちます。



 

Img_2064 Img_2066

Img_2072

Img_2076 Img_2077

 
Img_2079

Img_2086

Img_2087

Img_2097

9時20分~函館元町公会堂・・・坂の街へ 函館ハリストス正教会
北島三郎karaokeの母校
チャーミーグリーンのCMでおなじみの坂
真ん中の赤い実・・・ナナカマド
栗の木など、秋の気配が感じられましたmaplehappy01


 

Img_2094 
Img_2105

Img_2101


 

Img_2110

Img_2112

Img_2114 Img_2116


重要文化財函館区公会堂

マドンナと一緒に嬉しそうuphappy01
ペリー提督来航記念碑
 
10時半、函館朝市でお買いものnotes
cancerカニや鮭・いくらなど・・海産物をたくさん買いましたup



Img_2117

Img_2119

Img_2120

Img_2121

Img_2123Img_2124 

Img_2138

Img_2136 Img_2143

昼食は、すずや食堂の「海鮮五色丼」自分流に選べて、プラスでうにを加えた人もhappy01

社長から社員に「利尻昆布」のお土産を頂きましたuphappy01

お鍋のだしにいいですねlovely
社長、いつも有難うございますhappy01
午後1時30分、「五稜郭タワー」見学scissors

平成18年(2006年)4月1日にオープンした新タワー(2代目)は高さ107m(避雷針髙)。

 展望台から見はるかす函館山や津軽海峡、横津連峰の山並み、そして特別史跡五稜郭の大地に輝く星形の 眺望がご覧いただけます。

函館・五稜郭はいわゆる日本のお城と違い、西洋式の星の形をした日本では珍しいお城です。
明治維新の戊辰戦争時には、旧幕府軍が最後の拠点を置き「蝦夷共和国」を設立、箱館戦争の舞台に…。
今では春になると1600本ものソメイヨシノが咲き、絶好のお花見スポットにもなっています。
そんな五稜郭に箱館戦争で討死した、新撰組副長土方歳三が埋葬されているという伝説が今もなお残されています。

花の名前・・・コルチカム


 

Img_2148

Img_2149

Img_2150

Img_2159 

Img_2156 

午後2時25分、「トラピスチヌ修道院」に到着bell


大天使聖ミカエル像

慈しみの聖母マリア

※見ているだけで、神聖な気持ちにshine
「天使の聖母トラピスチヌ修道院(通称・天使園)」・・・


1898年(明治31年)、フランスから派遣された8人の修道女によって創立された、日本最初の女子観想修道院です。
トラピスチヌ修道院の一日
このトラピスチヌ修道院は、ローマ・カトリックの「厳律シトー修道会」に属しています。一年を通して、毎朝3時半に起床し、祈り・読書・ミサ・労働・食事をすべて共同で行い、夜は7時45分に就床。一般社会の中で宣教活動や社会福祉事業をするのではなく、単純であるがゆえに完全な自己奉献が要求される囲いの中の生活を通して、神と人々に生涯奉仕し、献身しつづけます。


 

Img_2161_2


Img_2162

 ・・・3日間の北海道の旅、お天気が心配されてましたが、バスガイドさんの呪文sign02のおかげで旅行中、良い天気に恵まれましたheart01happy01運転手さん、ガイドさん、ありがとうございましたnotesトーク上手で楽しかったですsign03Img_2107


Img_2166

Img_2164
函館空港発15:20→羽田空港着airplane18:05
機内で「駅弁の函館みかど」のお弁当を食べましたrestaurant

羽田空港で2時間余り、最後のショッピングを楽しみpresent・・・

羽田発20:00→高松空港21;20着airplane→22:45四国中央市着bus
「にしゃったか、しびきりかわ、うんこれ」・・・

(※みんなで、天気にしておくれ♪の意味)

★最後に・・・スバルの北海道 洞爺湖~函館(立待岬・朝市・修道院)の旅は、お天気にも恵まれ、グルメ&癒しの素晴らしい旅となりましたnoteshappy01 スバルの強運はいったいどこからsign02up
10月5日、北海道旅行の思い出を語っていると・・・

会社事務所の壁には・・・
1994年5月23日、北海道思い出の「双湖台」の絵が飾られています。

双岳台はその名の通り、雄阿寒岳・雌阿寒岳の2つの山を望む事の出来る高度740mの展望地。そして双岳台の西に位置する双湖台は、パンケトーとペンケトーの2つの湖が眺望出来る展望地です。

|