『スバル』のフォトギャラリー

新着情報

カテゴリ

月別一覧

過去の記事

ご注文

ご注文は、専用フォームページからお気軽にどうぞ。

台所用品お茶パック

普段飲んでいるお茶で、味の違いを実感して下さい。様々な用途に応じたパックを取り揃えています。

サニタリー用品シートペーパー

洋式トイレ用便座シートを取り揃えています。お肌と便座との直接接触を防ぎ、冷たい不快感を与えません。

エクステリア用品コケ取り革命

キトサン&銀イオン配合で殺菌効果が長持ちするコケ取りスプレーです。塩素は使っていませんので、安心してお使いいただけます。

お客様の声

これまでに弊社に寄せられた、お客様からのお声をご紹介します。

「スバル」のフォトギャラリー

わたしたち『スバル株式会社』の素顔をスナップフォトでご紹介します。

働く仲間の笑顔が好きです。

新たな生きがいを感じる、笑顔あふれる職場。
わたしたち『スバル株式会社』の素顔をスナップフォトでご紹介します。

« 前の記事 | 一覧 | 次の記事 »

北海道 洞爺湖~函館(立待岬・朝市・修道院)グルメ&癒しの旅


2015年10月2日~4日までスバルは北海道 洞爺湖~函館(立待岬・朝市・トラピスチヌ修道院)
グルメ&癒しの慰安旅行へ出発しましたhappy01

10月2日(金)cloud数日前から北海道の悪天候が予想される中、旅行業者より高松→羽田、羽田→千歳空港の離発着が可能とのことで、四国中央市を午前7時30分にジャンボタクシーで出発bus

Img_1863

Img_1864  

Img_1865_2

Img_1868

10月2日午前6時 北海道では暴風・高波に厳重警戒が出ていましたtyphooncoldsweats01 大丈夫かな・・・ 高松空港JAL476便、午前9時45分発airplane →→→  羽田空港11時着happy01 羽田airplane→千歳空港JAL513便、飛行機の中で「日本橋・大福の懐石折詰」を食べましたriceball

 

Img_1870

Img_1876

Img_1880

千歳空港13時半着airplane

心配していた天候も大丈夫でしたよhappy01
スバルパワー恐るべしhappy01punch
パスbusに乗って15時半。
昭和新山fuji
1945年9月までに海抜407mの昭和新山が誕生した。昭和新山は成長の過程で地中の粘土が熱で焼きつき、赤褐色の天然レンガに覆われている。
風が強いため、「有珠山ロープウエイ」は中止となって残念crying

「熊牧場」があるという売店の前にてcamerahappy01


 

Img_1883

Img_1884

Img_1886

Img_1895

Img_1892

上 →  友禅菊
花言葉✿
恋の思い出・さようなら私の恋よ・
老いても元気で

※花の名は、友禅染のように鮮やかな花色で、優美に咲くことから名づけられています。

下 → ネバリノギク  
花言葉✿
私に触らないで

キク科シオン属の多年草です。
北アメリカ原産の帰化植物です。和名は、茎、総苞などに腺毛があって、触ると粘ることに由来するという。
16時、「ザ・ウインザーホテル洞爺」に到着happy01



リゾートホテルならではの設備と洞爺の見事な環境を活かした、喜びと感動溢れるリゾートステイ。
洞爺の素晴らしい大自然と穏やかなときの流れ、日常から離れた癒しのひと時を今から味わいますhappy02heart04

とても、ゴージャスで感動sign03shineshine
      ✿社長の俳句✿

  旅立ちに

    嵐も去りて

       草もみじ


※バスの中で社長が即興で詠んだ句。草紅葉・・・
 晩秋. 草の錦/草の色/色づく草/草の紅葉. 晩秋に山野の草々が色づいて紅葉のように見えること。


 

Img_1899

Img_1900

Img_1901

Img_1903

ホテル・ロビーにて
ゴージャスですねnoteshine
18:00~
2F「ギリガンズアイランド」にてディナー
社長がシャンパンのテイスティングnote

  シャンパンを片手に乾杯wineshine


 

Img_1938

Img_1941

Img_1910
 Img_1911
 Img_1912
Img_1913_2

Img_1915

Img_1916Img_1917

 

 Img_1919



東に洞爺湖と西に内浦湾を見下ろす、標高625メートルのポロモイ山の頂上の館。その形はまるで豪華客船のよう。かつてサミット会場として、世界のVIPを迎えた記憶が、館内のあらゆる場所に残されている。豊かな大自然に抱かれているような錯覚さえ起す開放感は、日頃、疲れた心や体を癒されましたhappy01up

2F 温泉の「山泉」・・・大浴場で社員同士、裸の付き合いができましたspahappy01


 Dinner TOYA メニュー ~


 Dinner_toya


※オマール海老美味しかったですlovely
ソフトドリンクも爽やかなテイストでしたhappy01

左上から3番目→
     「ポムソヴァージュ」
     (野生のりんご)

※ストローを2本さす意味・・・昔、バーテンダーが細いストローをさしたところ、詰まって吸えないので、太いストローをもう一本さすようにしたことが始まりとのこと。

右上から2番目→レイクジンジャー
           (ブルージンジャー)

食事は、3時間要しましたがcoldsweats01日頃、数分で食べるところ、美味しいものを頂き、ゆったりとした素敵な時間が過ごせましたrestaurant

Img_1947

Img_1945

Img_1948 

 

Img_1949 

Img_1951

10月3日午前7時~
レストランでバイキング式の美味しい朝食を頂きましたsign03
午前9時半、「ザ・ウインザーホテル洞爺」ホテルロビーにて、ハイチーズcamera       
       次の目的地へGObus

 

Img_1956

Img_1955

Img_1963

午前10時発、「洞爺湖温泉遊覧船 多目的アミューズメントシップ「エスポアール」に乗船ship     甲板でハイチーズcamera
日本人はスバル社員だけで、後は中国の観光客ばかりsign02


 

Img_1965Img_1969

Img_1971

Img_1983

4月~10月までの半年間に渡って、毎日450発の花火が打ち上げられますbombshine 中之島の上陸はありませんでしたpaper中島には、エゾシカがいるそうです
    美しい駒ヶ岳が見えますfuji


 

Img_1961

Img_1959 

Img_1972

Img_1996
冬でも凍らない湖にはカモの仲間などさまざまな水鳥たちがやってきます。火山の生んだ湖に育まれるいのちの世界を描きます。

洞爺湖からは、「ザ・ウインザーホテル洞爺」が、見えましたnote
 「洞爺湖汽船」の紹介ありますflair
北海道の南西部にある洞爺湖は、周囲40kmほどの日本で3番目に大きいカルデラ湖です。いまからおよそ10万年前、大量の火砕流が噴出し、あとにできたくぼ地に水がたまって生まれました。周囲には有珠山や昭和新山など現在も活動する火山があります。
12時半「大沼国定公園」に到着notes

Img_1988   バスで移動中、小沼も観覧 happy01            



Img_1989

Img_1993

Img_1997_2

昼食に「鮭のちゃんちゃん焼き」を食べましたnote
美味しかった~scissors
二人分でなんと、この量ですsign03
この他に「いかめし」「ホタテ焼き」がついていて、おなかいっぱいdelicious

  「大沼国定公園」で記念写真camera



Img_1999

Img_2000

Img_2002 Img_2003 

Img_2004

Img_2005 Img_2008 

Img_2009

    
     大沼・小沼・蓴菜沼
北海道の路面電車・
「函館ベイエリア」
「旧函館郵便局舎」
「金森赤れんが倉庫」でお買いものhappy01 お土産をたくさん買いました~heart04アクセサリーを買った人もring


 

Img_2011 Img_2012

Img_2018

Img_2022

 
Img_2020

15時30分、旧函館郵便局舎の前にて 16時半、湯の川温泉・「花びしホテル」に到着note 夕食は、海鮮寄せ鍋・雪丹芋饅頭など海鮮料理に舌鼓happy01up



Img_2023

 Img_2025Img_2027Img_2032 

Img_2042 Img_2039

大浴場の「ひしの湯、はなの湯」に社員同士、裸の付き合いで仲良く入浴spa素敵なお風呂を満喫happy01 4日午前7時~「花びしホテルの朝食バイキング」で、気まぐれ丼や函館ラーメン、函館牛乳、和洋中とバラエティ豊かな朝食メニューを堪能heart04 午前8時40分、立待岬へ向かう途中・・・
石川啄木の像がありましたsign01

Img_2045


Img_2047

Img_2049 

Img_2051

Img_2052 Img_2057

      ✿社長の俳句✿

  烏賊日和

      津軽の海も

           波静か


烏賊・・・いか
ハマナス・・・ハマナスは、5月下旬~6月初めに暖かい日が続いた影響で例年よりやや早く開花し、7、8月に見頃を迎える。

     ✿社長の俳句✿

   烏賊釣りや

      立待岬の

      天高し


※ 天高し・・・秋の季語。

★ 旅行中、最も快晴で、立待岬が絶景で感動しましたshineup
      ✿社長の俳句✿

  ここも又

      鮭待つ川の

           瀬音かな


「立待岬」・・・市街地から見て函館山の左端に位置する立待岬は、海に突き出る形で海抜約30mの断崖がそそり立ちます。



 

Img_2064 Img_2066

Img_2072

Img_2076 Img_2077

 
Img_2079

Img_2086

Img_2087

Img_2097

9時20分~函館元町公会堂・・・坂の街へ 函館ハリストス正教会
北島三郎karaokeの母校
チャーミーグリーンのCMでおなじみの坂
真ん中の赤い実・・・ナナカマド
栗の木など、秋の気配が感じられましたmaplehappy01


 

Img_2094 
Img_2105

Img_2101


 

Img_2110

Img_2112

Img_2114 Img_2116


重要文化財函館区公会堂

マドンナと一緒に嬉しそうuphappy01
ペリー提督来航記念碑
 
10時半、函館朝市でお買いものnotes
cancerカニや鮭・いくらなど・・海産物をたくさん買いましたup



Img_2117

Img_2119

Img_2120

Img_2121

Img_2123Img_2124 

Img_2138

Img_2136 Img_2143

昼食は、すずや食堂の「海鮮五色丼」自分流に選べて、プラスでうにを加えた人もhappy01

社長から社員に「利尻昆布」のお土産を頂きましたuphappy01

お鍋のだしにいいですねlovely
社長、いつも有難うございますhappy01
午後1時30分、「五稜郭タワー」見学scissors

平成18年(2006年)4月1日にオープンした新タワー(2代目)は高さ107m(避雷針髙)。

 展望台から見はるかす函館山や津軽海峡、横津連峰の山並み、そして特別史跡五稜郭の大地に輝く星形の 眺望がご覧いただけます。

函館・五稜郭はいわゆる日本のお城と違い、西洋式の星の形をした日本では珍しいお城です。
明治維新の戊辰戦争時には、旧幕府軍が最後の拠点を置き「蝦夷共和国」を設立、箱館戦争の舞台に…。
今では春になると1600本ものソメイヨシノが咲き、絶好のお花見スポットにもなっています。
そんな五稜郭に箱館戦争で討死した、新撰組副長土方歳三が埋葬されているという伝説が今もなお残されています。

花の名前・・・コルチカム


 

Img_2148

Img_2149

Img_2150

Img_2159 

Img_2156 

午後2時25分、「トラピスチヌ修道院」に到着bell


大天使聖ミカエル像

慈しみの聖母マリア

※見ているだけで、神聖な気持ちにshine
「天使の聖母トラピスチヌ修道院(通称・天使園)」・・・


1898年(明治31年)、フランスから派遣された8人の修道女によって創立された、日本最初の女子観想修道院です。
トラピスチヌ修道院の一日
このトラピスチヌ修道院は、ローマ・カトリックの「厳律シトー修道会」に属しています。一年を通して、毎朝3時半に起床し、祈り・読書・ミサ・労働・食事をすべて共同で行い、夜は7時45分に就床。一般社会の中で宣教活動や社会福祉事業をするのではなく、単純であるがゆえに完全な自己奉献が要求される囲いの中の生活を通して、神と人々に生涯奉仕し、献身しつづけます。


 

Img_2161_2


Img_2162

 ・・・3日間の北海道の旅、お天気が心配されてましたが、バスガイドさんの呪文sign02のおかげで旅行中、良い天気に恵まれましたheart01happy01運転手さん、ガイドさん、ありがとうございましたnotesトーク上手で楽しかったですsign03Img_2107


Img_2166

Img_2164
函館空港発15:20→羽田空港着airplane18:05
機内で「駅弁の函館みかど」のお弁当を食べましたrestaurant

羽田空港で2時間余り、最後のショッピングを楽しみpresent・・・

羽田発20:00→高松空港21;20着airplane→22:45四国中央市着bus
「にしゃったか、しびきりかわ、うんこれ」・・・

(※みんなで、天気にしておくれ♪の意味)

★最後に・・・スバルの北海道 洞爺湖~函館(立待岬・朝市・修道院)の旅は、お天気にも恵まれ、グルメ&癒しの素晴らしい旅となりましたnoteshappy01 スバルの強運はいったいどこからsign02up
10月5日、北海道旅行の思い出を語っていると・・・

会社事務所の壁には・・・
1994年5月23日、北海道思い出の「双湖台」の絵が飾られています。

双岳台はその名の通り、雄阿寒岳・雌阿寒岳の2つの山を望む事の出来る高度740mの展望地。そして双岳台の西に位置する双湖台は、パンケトーとペンケトーの2つの湖が眺望出来る展望地です。
|